幼児向けの英語教材を選ぶ場合の秘訣

小学校の通信教育教材でおすすめできる「小学ポピー」

2016年11月30日 12時15分

運営会社は全日本家庭教育研究会(全家研)です。受講科目は国語・算数・理科・社会・英語です。受講料の目安は月額で2,700円・年間で30,780円からです。ひとことでポピーを言うとすれば「家庭学習の大切さを通して、お子さまの学力を定着させることができる家庭教育素材」です。勉強の習慣を作ることができて、自学自習をすることを身につけることができるでしょう。
 
小学ポピーは学習にお子さまが自分で積極的に取り組める教材です。使用する教材は教科書に沿った内容になっています。理解できないところは繰り返して学習する姿勢を身につけるコンセプトを持っています。理解度を深めて基本的な部分を定着させてくれます。
 
構成されているのは「教科書のまとめ」と「ワーク」です。学校の授業を復習したり理解度を確認したりできます。要点を整理して効率的な家庭学習ができます。そして、無理なく取り組める学習量も小学ポピーが高い評価を得ている部分です。小学校の各学年に応じた学習方法を提案しています。確実な学力と学習習慣を見つけることができる素材です。
 
 
 
  • 「小学ポピー」を使っている保護者のレビューの抜粋!
 
  • 宮城県仙台市若林区在住の小学校5年生の保護者
 
娘は小学生になって学習塾に行くのではなくて、小学ポピーを使って勉強をしていました。ポピーを始めたきっかけは、家の郵便受けに入っていたチラシを見てからです。内容を見てみたらいいことだらけです。その選択は間違っていなかったと実感しています。毎月毎月、少し大きいサイズ感の冊子が全教科分届きます。どの教材も図やイラストを使って、丁寧にわかりやすく解説されています。
 
とりわけ、つまづく人が多いところは、マークがついていたりします。解説やヒントが書かれています。それによって自分でできるようになります。学校によって進む具合が違います。勉強する分野が違う場合もあるのです。そういった場合でもフレキシブルに対応できるようにできます。学校のカリキュラムに合わせてコース選択できるのは便利だと思います。
 
  • 千葉県銚子市在住の小学校2年生の保護者
 
私も小学校のときにポピーを利用していました。そういったこともあるので小学校1年生に対して学校で覚えたことを無駄にさせたくないのです。私自身がやっていた小学ポピーも娘にさせようと思いました。自宅に届いた小学ポピーを見たら懐かしさが蘇ってきました。
 
今、ありがちなインターネットに頼らないスタンダードで地に着いた勉強方法です。勉強時間は毎日15分程度です。短時間ですから娘も飽きずに楽しみながら勉強をしています。ドリル形式ですから私も一緒に勉強をいている感じです。
 
子どもと一緒に考えることによって、普段とれていなかった親子のコミュニケーションができるようになりました。親子の時間を過ごすことができるのも家庭学習の大きなメリットですね。これはなかなか気付きませんが魅力的です。ポピーは学校の教科書に沿った内容です。小学校で学んだことを復習するのも最適な教材です。